何故、彼らは早死にするの?

常々思っていた事がある。


精神世界のリーダーや健康法や願望達成法を述べている
人が割と早くお亡くなりになっているのは何故???
それも、楽に枯れて昇天するのではなく、苦しい死に方。

何かが、何かが間違っているのだ。
なんか…「引き受けている」っていうか「すがられている」というか
「背負ってしまっている」というか…
それって、違うんじゃない?
ヒーラーさんのブログ巡ってて感じたのが「自分を癒してない人多いよね」

で、具体的にどうすればいいの?

Webを彷徨う内に出会ったのが
アウワさんのこの記事。
「これがアタシの生きる道」
パズルのピースが見つかったような気が致しましたです。

==========一部引用=============
また、治療家やヒーラーの方々は、綺麗なココロをお持ちに
なっておられるので自分より他人の幸せを先に考えられるのであります。

そこに、罠があるのです。
なんとか救ってあげたいという「とらわれ」の罠です。

気づいておられる方も多いのですが、
病気や不幸なことは、ほとんどご自分に原因がございます。
自分の外では、ございません。

本来、自分に起こる物事は、自分で解決できるのであります。
それに対し、ヒーリング等で表面的にエネルギーのやり取りで
解決させます。

それでは、根本的な解決にはなっておりません。

するとどうなるかというと、不幸や病気のエネルギーと共鳴させることに
なるため、施術者が「被る」ことになります。
でもね、除去したり逃がす方法をすれば、負担は防げます。

「気づき」を与える方法であれば、本人も精神的に向上するし、
解決は十分可能であるのです。

ある適度「瞑想」や「能力訓練」をするとエネルギーのやり取りは
可能になるので、どうしてやってあげたくなるし、その方が早いのです。
また、職業として治療をやっているのであれば、なおさら
そうであります。

だけど、二極化の観点を考慮していない。


次に、原因として考えられるのに、
「自己愛」の欠如があります。

==========引用ここまで=================

このアウワさんの記事は、ヤッズ★さんの記事
「二分化の罠」を踏まえて書かれたものでございます。

==========一部引用================
■あまちゆうと・・・ヒーラー 『人は生まれなおせる』 リンパ節癌 享年41歳
■斎藤澪奈子・・・『超一流主義』 アッパー/ローワー 乳癌 享年44歳
■池田晶子・・・『14歳からの哲学』 腎臓癌 享年46歳
■ジェームズ・アレン・・・英国の謎の哲学者『原因と結果の法則』 享年48歳
■山岸隆・・・パーフェクトハーモニー研鑽会 『超能力から能力へ』 大腸癌 享年51歳
■宮下富実夫・・・『癒しの音を求めて』 享年54歳
■保坂栄之介・・・レイキヒーラー 『あなたの願望は必ず実現できる』 癌 享年54歳
■津留晃一・・・『幸せテクニック』『多くの人がこの本で変わった』 癌 享年54歳
■宮崎雅敬・・・『気養生法』『万病の原因はウイルスだった』 享年52歳
■山田孝男・・・瞑想指導家 享年61歳
■今村 光一・・・『ガンは栄養療法で治る』『今の食生活では早死にする』 享年69歳
■クリストファー・ヒルズ博士・・・パイレイコファー(願望達成器)の発明者 癌 享年69歳
■石井普雄・・・ESP科学研究所 『最後の超念力』 癌 享年74歳

特に癌で亡くなられた人が多いですね。

成人には癌細胞は毎日作られているのですが、健康的な人は白血球により、それが毎日消去される為に大事に至らないといわれます。ある健康法では、癌は自己のネガティブな考えやストレスが引き起こすともいわれ、愚痴、不満などは溜めずに、「毎日大きく笑い」「やりたいことを存分にする」ことで白血球の数を増大させ癌細胞の拡大を防止が可能であり、さらには、直ってしまうと提唱されています。

なのに、健康であってしかるべき健康法の提唱者が癌になってしまうのか?、また、願望達成を指南している程に願望実現に熟達した人なのに、何故自らの病を治すという願望が叶わないのか?

===========引用ここまで================

レイキの臼井氏も61歳でお亡くなりになっているのよね…。


ここで浮かんでくるのが、ハワイのレン博士。
博士のメソッドは一時期結構色んな人がとりあげてましたね。
mariaさんの記事が分りやすいのでリンクします。「自分を浄化する4つの言葉」

=============一部引用===================

追補:レン博士のメソッドでは、4つの言葉を繰り返すことで自分を癒すということです。
その言葉とは
1 "I love you"(愛しています)
2 "I'm sorry"(ごめんなさい)
3 "Please forgive me"(許してください)
4 "Thank you"(ありがとうございます)
です。これらの4つの言葉を 内なる「The Divine」に対して言います。
これらの言葉は、自分を浄化するための言葉で、これらの言葉を繰り返す際には必ずしも感情を伴わなくても良いとレン博士は言っているということです。
けれども、とにかく心の底に届くまで、何度も何度も繰り返すのだそうです。

=============引用ここまで================

レン博士「私は彼らを創りだした自分の中の部分(パート)を癒していただけです」


まず、自分を満たす。
そして、溢れ出たものが他者をも癒す。
そんな感じ?



自己チューブラボー!!!
両の足で大地に立つ 本物の人 ←「陰陽師10 岡野玲子」から引用
ヒーリングでもなんでも、自分がやりたいからやる…
「自分の価値の証明」なんて求めない。
そういう、「ただ生きて、ただ死ぬ」ような「本物の人」。
きっとそういう人の内宇宙は命の力に溢れているのだろう。
[PR]
by nike0000 | 2008-01-15 20:24 | つぶやき
<< 「方位除け」をOリングで 彼女の命を祝福します。 >>